FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「電気」というエネルギー



エネルギーにはいろんな形がある。
それは熱であったり、灯油のような燃料であったり、食べ物であったり。

その中で電気というエネルギーはとても便利。
薪のように重くないし、熱のようにどんどん逃げてしまうものでもないし、
食べ物のように悪くなることもない。熱、モーターなどの動力、照明、制御まで、いろいろなものに形を変えることができる。

薪を燃やせば、木が育つ間に放出するCO2程度のCO2しか使わない。
持続可能な燃料だ。

では、私たちが使っているエネルギーは?

今の電気のほとんどは、火力発電所と原子力発電所。
燃料を燃やし、蒸気でタービンを回して電気という形に変えているのだけども、
熱を電気にする時点でエネルギーは約3分の1になる。
(3分の2は熱として海に捨てている)
3分の1になったその電気を熱にすると、更に3分の1になる。
つまり、元の熱の1割ほどにしかなっていない。

だから、電気ポットでお湯を沸かすのと、ガスでお湯を沸かすのとでは、
使うエネルギーは10倍違うことになる。
暖房で言えば、エアコン、オイルヒーターは、燃料を燃やす灯油ファンヒーターやガスヒーターに比べて、やはり10倍違う。
電子レンジで残り物を温めるのと、鍋で温めるのとでは、やはり10倍違う。

私も電気ポットも電子レンジも使っているけども、
できる範囲で減らすことをしていきたいな、と思っている。

そう言えば前に「1ヶ月1万円生活」という番組で、最後にガスを切った人と
電気を切った人で、ガスを使った人の方が勝っていました
スポンサーサイト

人が発電できる電力



我が家の消費電力量は、冬場を除けば1ヶ月100kWhなのですが、
それがどのくらいの労力なのか、気になって出してみました。

人間1人の労働は大体100W。1日8時間労働として1日800Wh稼ぐ。

すると、1ヶ月100kWhは
100kWh×1000(kWh→Wh)÷800Wh/人÷20日(1ヶ月の勤務日)
                                =6.25人

うち、かなり消費電力量少ない方だと思うのですが、
それでも6人のお手伝いさんを雇って今の生活を支えてもらっていることですね

冬は1ヶ月1500kWh使うという方がいらっしゃいましたが、
94人のお手伝いさんになります

それを思うと、今の私たちの生活はエネルギーの使いすぎだし、
電気代は安すぎますね

わいわい勉強会in鯖江



9月に県内各地で行ったわいわい勉強会が、全て終了しました。
(写真は9月29日の鯖江の様子)

勉強会では私の1月2000円生活も紹介はしましたが、それよりもむしろ
みなさんの節電アイデアを出していくことの方に重点を置きました。

何から始めたらいいか分からない方から、長年節電されていて詳しい方まで、
みなさんそれぞれ、「帰って私は○○する!」というものを1つは見つけて帰られ、
大いに節電の話で盛り上がりました。

ダウンアンペア講習会、依頼があれば開催しますので、いつでもお声がけ下さい

9月29日、朝日新聞の地方版にダウンアンペアが紹介されました
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。