FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暖房



暖房は電気を食うものが多いです。大体の目安として、

エアコン(暖房) 約600W
灯油ファンヒーター20~60W(+灯油)
オイルヒーター 約1500W
電気ストーブ 約1000W
こたつ     約500W
ホットカーペット(3畳用)1/2面400W、全面800W
石油ストーブ もちろん0W(+灯油)

節電だけを考えたら石油ストーブなのですが、
小さい子供やお年寄りのいる家庭には安全面で心配なところもあったり。
石油ストーブは上にやかんを置いたり、お餅を焼いたりできるのが魅力
私はエアコンの乾燥した風が苦手で灯油ファンヒーターを使っています。
エアコンは割と効率がいいのだけども、上のほうだけ温まるので、
天井の高いおうちではサーキュレーター(扇風機)と併用させたり。

そんなわけで・・・
暖房については、効率とか、これがベスト!というものがなくて、
おうちの造りとか、好みとか、そちらの要素が大きいようです。

こうしてみると、昔の囲炉裏は、煮ものもでき、燻製もでき、家の管理でもあり、
人の居場所でもあり、よくできているものだなあ、と思います。

訪問させていただいたお宅で、すごい!と思ったお宅があったので、紹介します。

鉄骨の住宅なのですが(鉄骨は壁が冷たい)、壁にカーテン、
カーテンのすそも床に10cmほどついている。
(その方は手作りでしたが、裾の上げをほどくといいそうです)
石油ストーブがメインで、そこで沸かしたお湯をペットボトルに入れて、
こたつの中に入れる。こたつの電気はつけていない。
もちろん、お茶もそのお湯で入れて
部屋を移動するときだけ30分ほどファンヒーターを付けて
部屋全体が温まったら、石油ストーブに切り替える。
夜はそのお湯を、湯たんぽに。
すごい!暖房もお湯も、ほとんど電気を使っていない。

これだけ聞くとどんなに寒いお宅かと思われるかもしれませんが、
広いお部屋は本当に温かくて、感心しました。
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。