FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜダウンアンペア?

需要曲線

ただ節電ではなく、どうしてダウンアンペアか?

揚水式水力発電所を除けば、電気は基本的に貯めることができないので、私たちが使う電気に合わせて、常時、発電所で発電しています。

上の図は、1日の私たちの電気の使い方と、その内訳です。
これは夏場の典型的なパターンで、 13時~15時が一番高く、2時~6時が一番電気がいらない時間帯です。

電気は貯めることができないので、1年のうちで一番電気を使う夏場の13時~15時の電力ピーク、それに合わせて電力会社は発電所を作っています。夜中は半分以上の発電所が停まっています。

今回の地震で、発電所に関する情報が色々流れていましたが、どうしてこんなに発電所が多いのか?と思った方も多いと思います。

答えは簡単、「私たちが使うから」です。

私たちが使う最大量、つまり契約電流(ブレーカ容量)に合わせて、送電設備、発電設備ができています。

ですので、私たちに本当に必要な節電は、最大ピークを抑えること、つまりダウンアンペアなんです
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。